家族風呂比較 お気に入り 家族風呂 温泉 家族風呂 温泉 ランキング 家族風呂 24時間  九州の潮干狩り 本出した!



温泉名から家族風呂を探す

温泉 福岡温泉 佐賀温泉 熊本温泉 大分温泉 長崎温泉 宮崎温泉 鹿児島
温泉 山口

福岡県

温泉名 市、郡 特徴
みなと温泉 福岡市  
河内温泉 北九州市  
門司楽の湯温泉 北九州市  
久留米温泉 久留米市  
耳納温泉 久留米市  
ゆのそ温泉 久留米市  
玄竹温泉 久留米市  
花立山温泉 朝倉郡  
あさくら温泉 朝倉市  
美奈宜の杜温泉 朝倉市  
原鶴温泉 朝倉市うきは市

その昔、傷ついた一羽の鶴が筑後河原に舞い降りて、水を浴びて飛び立ったのを見て湯の湧いているのを発見したと伝えられ、原鶴の名はそれに由来する。

筑後川温泉 うきは市

筑紫次郎と呼ばれる筑後川のほとりにわく温泉。フルーツ狩りのシーズンは行楽客でにぎわうが、普段は保養温泉地として静かな雰囲気を守っている。

吉井温泉 うきは市  
伊川温泉 飯塚市

筑豊の中心として発展している飯塚市の中心街にある温泉。

こうの湯温泉 飯塚市  
松原温泉 田川市  
日王山温泉 田川郡  
源じいの森温泉 田川郡  
ほうじょう温泉 田川郡  
大任温泉 田川郡  
上野温泉 田川郡  
大宰府温泉 太宰府市  
大野城温泉 大野城市  
星の温泉 八女市  
黒木温泉 八女市  
八女天然温泉 八女市  
薬王寺温泉 古賀市

犬鳴山、西山の西麓に湧く静かな温泉。

脇田温泉 宮若市

犬鳴山の東麓、犬鳴川の流れに臨み、3方を山に囲まれた中に湧く。

筑紫野温泉 筑紫野市  
百道温泉 糸島市  
二丈温泉 糸島市  
王丸温泉 宗像市  
大川温泉 大川市  
大川昇開橋温泉 大川市  
那珂川温泉 筑紫郡  
柳川温泉 柳川市

北原白秋の故郷として知られる柳川は、縦横に水路がめぐらされた水郷の町。

満天の湯 小郡市  
     

佐賀県

温泉名 市、郡 特徴
熊の川温泉 佐賀市

脊振山地に源を発する嘉瀬川沿いに湧出する温泉。国民保養温泉地にも指定。

古湯温泉 佐賀市

秦の始皇帝の命により不老不死の薬を求めて渡来した徐福が発見したという伝説が伝わる温泉。寛政3年(1791年)、鶴が傷を癒しているのを見た庄屋によって再興された。

三瀬温泉 佐賀市  
厳木温泉 唐津市  
相知温泉 唐津市  
鏡山温泉 唐津市  
鳴神温泉 唐津市  
佐里温泉 唐津市

焼き物のまち、唐津と伊万里のほぼ中間にある温泉。

武雄温泉 武雄市

豊臣秀吉、宮本武蔵も入湯したと伝えられる、佐賀県を代表する温泉の一つ。温泉街の入り口には龍宮城を思わせる朱塗りの楼門があり、武雄温泉のシンボルとなっている。

北方温泉 武雄市  
嬉野温泉 嬉野市

佐賀県を代表する華やかさにあふれる温泉地。

近年では美肌の湯として女性客に好評を得ている。和銅7年(714年)に編まれた「肥前国風土記」に、「よく人の病を癒す」として、嬉野温泉の名が登場するほど古くから知られた温泉。

平谷温泉 鹿島市

有明海の海岸沿いから10kmほど内陸へ入った、経ヶ岳の峰を北に頂く山あいの温泉。

鳥栖温泉 鳥栖市  
東脊振温泉 神埼郡  
太良嶽温泉 藤津郡  
玄海仮屋湾温泉 東松浦郡  
吉野ヶ里温泉 三養基郡  
     

熊本県

温泉名 市、郡 特徴
健軍温泉 熊本市  
城南天然温泉 熊本市  
植木温泉 熊本市

明治28年に発見された温泉で、古くは平島温泉と呼ばれていた。

天然江津湖温泉 熊本市  
つる乃湯温泉 熊本市  
滝の上温泉 阿蘇郡  
七水木温泉 熊本市菊池市  
菊池温泉 菊池市

菊池氏の城下町、菊池盆地の中心に湧出する温泉地。熊本と阿蘇、別府を結ぶ観光ルートの中継基地で交通至便の温泉として人気を高めている。

この菊池市に温泉が湧出したのは明治29年10月のことで、当時は町と商工会が協力して温泉開発に取り組み、ボーリングに成功。

七城温泉 菊池市  
泗水温泉 菊池市

泗水町の孔子公園近くに湧く温泉。

蘇ざき温泉 菊池郡  
下大谷温泉 菊池郡  
内牧温泉 阿蘇市

阿蘇の大観峰を背に、正面には雄大な裾を引く阿蘇山塊を望み、岳川の清流を挟んで湯宿が点在している。周辺は田園風景を展開し、広々とした平野に、約80ヶ所に及ぶといわれる源泉があって、豊富な湯量を誇っている。

阿蘇坊中温泉 阿蘇市  
乙姫温泉 阿蘇市

阿蘇山を彼方に仰ぐ内牧の乙姫川沿い、乙姫の地に誕生した温泉。

田の原温泉 阿蘇郡

黒川温泉から田ノ原川沿いに下った窪地にある静かな温泉街。

はげの湯温泉 阿蘇郡

涌蓋山の西北に裾を引く高原は広々とした草原を広げ、遠くから見ると樹木がそこだけないため、まさに山がはげた感じを受ける。その高原の一角にわく温泉。

黒川温泉 阿蘇郡

昔、病床の父のために瓜盗みをした豊後国東大分村の甚吉の身代わりに信仰していた地蔵が首をはねられた。以後、その地方で仁吉地蔵として祀られ、多くの信者を集めていた。ある日、細川藩士本田時十郎が地蔵を持ち帰ろうとして盗み出し、途中で休息し立ち上がろうとしたが、急に首が重くなり、動かせなくなった。そこで彼はその地に地蔵を奉祀。すると岩の間から湯が沸き、村人が浴場を作った。これが黒川温泉の始まりで、地蔵湯と地蔵の首は今も黒川に残っている。

黒川温泉が発展したのは昭和39年に別府と阿蘇を結ぶやまなみハイウェイが開通してからで、以後、急速に旅館やホテルが増え、しかも各旅館とも露天風呂を次々に設けた。涼しい気候と阿蘇や九重に近いという立地条件が相まって、近年若者のグループや家族連れが増えている。

小田温泉 阿蘇郡

田ノ原温泉と満願寺温泉の間に近代開発された温泉。

麻生釣温泉 阿蘇郡  
鈴ヶ谷温泉 阿蘇郡  
日平温泉 阿蘇郡  
岳の湯温泉 阿蘇郡

涌蓋山の登山口に位置する岳湯の集落は、83度という高温の単純硫黄泉があちこちで自噴し、吹き上げる蒸気が白い雲となって緑の中から舞い上がる地熱の里である。

そのおかげで冬も雪が積もらないといい、温泉熱は料理やハウス栽培にも利用されている。

高森温泉 阿蘇郡

阿蘇山の根子岳をきたに仰ぐ高森に湧く温泉。

南阿蘇温泉 阿蘇郡  
白水温泉 阿蘇郡

阿蘇山群の南外輪山を仰ぐ白水村にある温泉。

玉名温泉 玉名市

温泉の発見は約1,300年前の昔と伝わり、石貫穴観音横穴や江田船山古墳などが近くにあって、歴史を物語っている。後に疋野(ひきの)長者となってこのあたりに盛名を残したと伝わる若者が湯の発見者という伝説が残されている。

栗山温泉 玉名郡  
南関温泉 玉名郡  
三加和温泉 玉名郡

三加和町の和仁川畔に湧く温泉。

山鹿温泉 山鹿市

歴史は古く、平安時代から知られる。地元では「乙女の肌を偲ばせる」という美肌の湯。

平山温泉 山鹿市

加藤清正公が参勤交代の折汗疹を癒したとされ、湯治場として発展してきた。

なごみ温泉 宇城市  
不知火温泉 宇城市  
隠れ家温泉 宇城市  
荒尾温泉 荒尾市  
西合志温泉 合志市  
屋台村温泉 合志市  
みふね観音温泉 上益城郡  
日奈久温泉 八代市

応永16年(1409)、戦闘で傷付いた父浜田右近の刀傷の平癒を孝子六郎左衛門が安芸の厳島明神に祈願したところ、満月の夜、衣冠を正した神女が現れ「今吾汝が孝心の深き愛で、冷泉を授けん。すなわちこの潮の干潟の中に平石あり、それより百歩余りを経て山際に一つの奇岩あり、その下こそ正しく温泉なれ、是に浴しめなば必ず17日にして癒えん」とのお告げがあり、六郎は夢から覚めた、お告げの地形をたどって奇岩にたどりつき、石の下を掘ると果たして温泉が湧きだし、父を入浴させたところ、17日目に完癒した。

これが日奈久温泉の由来で、このときに六郎が平石を叩いたところ、奇異な音を発したので、この音を太鼓にこめ、厳島明神に奉納したと伝えられ、戦時中一時絶えたが、戦後復活し、現在も六郎太鼓として伝承保存されている。

東陽温泉 八代市  
つなぎ温泉 芦北郡  
大野温泉 芦北郡  
湯の鶴温泉 水俣市

水俣市から9㎞ほど山あいへ入った湯出川沿いの両岸に湯宿が並んでいる。

湯の鶴温泉の歴史、古くは湯で温泉とも記されていた。湯出川のほとりにわく温泉というわけだ。約700年の昔、平家の落人によって発見されたという伝説が残っている。鶴の湯あみするのを見て湯の存在を知ったといわれ、湯出がいつか湯の鶴と書かれるようになったものである。

神城温泉 球磨郡

人吉市の南東方、錦町の国道219号線が分かれるところにある温泉。

人吉温泉 人吉市

人吉に温泉を発見したのは、人吉温泉の老舗翠嵐楼初代川野廉で、「翠嵐楼」の宿名は時の桂首相の命名になるものだ。それだけに宿の歴史は深く、落ち着いた雰囲気を見せている。

上天草温泉 上天草市  
天草松島温泉 上天草市  
天草本渡温泉 天草市  
下田温泉 天草市

伊豆半島にも同名の下田温泉があるところから、天草下田温泉と呼ぶこともあるが、正式には下田温泉である。

湯の歴史は意外に古く、発見は建武中興の頃(1334~35)と伝わっている。
昔、町のまん中を流れる下津深江川のほとりに、一羽のサギが飛来し、傷を癒していたことから発見されたと伝えられ、白鷺の湯の別名も残っている。

有明温泉 天草市  
栖本温泉 天草市  
河浦温泉 天草市  
     

大分県

温泉名 市、郡 特徴
   
     
     

長崎県

温泉名 市、郡 特徴
雲仙温泉 雲仙市

雲仙の温泉は、承応2年(1653年)に加藤善左衛門が開いた延暦湯に始まる。

その後明治時代になって当時場、避暑地として脚光を浴びるようになった。シーボルトやケンペルの紹介で外国人も多数訪れるようになり、近代的施設が次第に整えられ今日の隆盛のもととなった。

小浜温泉 雲仙市

島原半島の西岸、千々岩湾に面した海浜の温泉。

温泉の歴史は古く、約370年の伝統があるが、当時はほとんど利用されてなく、慶安年間(1648~51)に僧侶であり漢方医であった頴川入徳が小浜に来遊し、温泉の湯が医療、特に小児や老人の病に特効があることを広く世人に知らせ、1864~67年頃になって13軒の宿屋が開業、これが小浜温泉の宿屋の始まりで、明治18年頃から上海、香港やロシア方面から外国人避暑客が来遊し、国際色を濃くしていき、明治26年には宿屋も33軒に増え浴客も、多い時には1日に1,000人を超えたといわれる。

小地獄温泉 雲仙市  
稲佐山温泉 長崎市  
長崎天然の湯 西彼杵郡  
大村温泉 大村市  
いいもり月の丘温泉 諫早市  
平戸温泉 平戸市  
布津温泉 南島原市  
うずしお温泉 佐世保市  
     

宮崎県

温泉名 市、郡 特徴
佐土原温泉 宮崎市  
えびの高原温泉 えびの市

霧島連峰の主峰韓国岳を仰ぐえびの高原に湧く温泉。

神の郷温泉 小林市  
西米良温泉 児湯郡  
木城温泉 児湯郡  
高鍋温泉 児湯郡  
山田温泉 都城市

霧島連峰の高千穂峰東麓、案山子の故郷といわれる山田町に湧出する温泉。

     

鹿児島県

温泉名 市、郡 特徴
郡山温泉 鹿児島市

鹿児島市街から車で約20分の郡山町に湧く温泉を総称して郡山温泉郷と呼んでいる。山あいの静かな環境にあり保養に向く。

中山温泉 鹿児島市  
お乃湯温泉 鹿児島市  
一本桜温泉 鹿児島市  
鹿児島市内温泉 鹿児島市  
古里温泉 鹿児島市

桜島の南岸、錦江湾に面して温泉街が並んでいる。海辺に造られた露天風呂からは夜の漁火が美しく望まれる宿など数軒。

霧島温泉 霧島市

林田温泉、硫黄谷温泉と並んで、霧島温泉郷の中心をなす温泉地。文政2年(1819)の発見といわれる湯は硫化水素泉、食塩泉、単純泉、含土類重曹泉。外傷、火傷、神経痛、リウマチ、糖尿病などに効果があり、肌にやさしく、よく温まる。飲用すると胃腸病にいい。

日当山温泉 霧島市  
関平温泉 霧島市

古くから傷の名湯として知られ、今でも入浴すれば火傷や切り傷に、飲めば胃腸病に良いとされて、定期的に湯を汲みに来る地元の人が多い。

新天降川温泉 霧島市  
重久温泉 霧島市  
妙見温泉 霧島市  
新川渓谷温泉 霧島市  
溝辺温泉 霧島市  
妙見新川渓谷温泉 霧島市

新川渓谷と呼ばれる一帯は紅葉の名所として知られ、夏は天降川でのアユ、ハゼ釣りも楽しみ。静かな環境は保養向きで、観光客向けの旅館と湯治宿の両方がそろっている。温泉は明治28年に発見され、妙見神社の旧跡から湧出することにちなんで妙見温泉と名付けられた。

宮之城温泉 薩摩郡

歴史は古いが、昭和47年の大洪水の後、近代的な温泉地に生まれ変わっている。温泉街は、川内川の左岸に開けている。

針持温泉 伊佐市  
串木野温泉 いちき串木野市  
船津温泉 姶良市  
原口温泉 姶良郡  
東郷温泉 薩摩川内市  
指宿温泉 指宿市

湧出量は一日約12万トン、源泉の数は約750を数える。泉質は源泉によってさまざま。指宿名物といえば、天然の砂蒸し。市の中心部、摺ヶ浜海岸に市営の天然砂むし温泉場がある。干潟になると湯気が立ち上る砂浜に、適当な深さに砂を掘ってもらい、その中に顔だけ出して浴衣掛けで横たわる。10分もすれば砂の熱で体が温められ、じわじわと汗が吹き出してくる。

 

湯之元温泉 日置市  
伊集院温泉 日置市  
     

山口県

温泉名 市、郡 特徴
湯田温泉 山口市

山口市内に湧く湯田温泉は、古くから湯池場として栄えた温泉で、正治2年(1200)の周防国府文書に、すでに湯田の地名が見られる。江戸時代には藩主専用の湯があったと伝えられ、幕末から維新にかけても、西郷隆盛、大久保利通など、日本の歴史を動かした人物が数多く訪れ、激動する歴史の一舞台となった。秋吉台、秋芳洞などへの観光基地として通念賑わいを見せ、国道沿いに高層建築のホテルや旅館が立ち並んでいる。

願成就温泉 山口市  
湯免温泉 長門市

長門市の東方、三隅川が仙崎湾にそそぐ周辺の田園地帯に湧く温泉で、その昔、鬼が湯につかり、傷を癒していたという伝説が残された歴史の古い温泉である。

俵山温泉 長門市

正川の流れを背後に置いた俵山温泉は、西の療養温泉の大風格として古くから知られたところ。かつて温泉医であり研究家であった矢野博士が俵山の温泉を様々に分析、療養効果のデータを集めて研究し、リウマチの名湯であることが証明され、日本国内はいうまでもなく、海外にも知られ、特にハワイなどからは毎年たくさんの湯治ツアー団が訪れている。

くすのき温泉 宇部市

有帆川の左岸、楠町の万倉に湧く温泉。

持世寺温泉 宇部市

宇部市の北方、厚東川に沿った霜降山(250m)の北麓に湧く歴史の古い温泉。古くは持世寺という寺があって、その寺湯として発展したとも伝え、戦国時代からの歴史を秘めると伝えている。

川棚温泉 下関市

山口県の西のはずれ、豊浦町の鬼が城連山を背にした歴史の古い温泉で、約800年の昔に湯の発見を見たと伝えている。下って毛利藩の時代には、御殿湯が建てられたということだ。

寿永2年(1183)には、時の領主平定盛が湯屋を作り、湯銭を定めて入浴したという記録が残されている。その後、一時湯の枯渇をみたこともあったが、応永年間(1394~1428)に再興されたとも伝えている。

     
参考:全国温泉大事典
野口 冬人 著

Back to Top