- 福岡 家族風呂 -

家族風呂比較 家族風呂メモ帳 家族風呂 温泉 家族風呂 温泉 ランキング 家族風呂 24時間  九州の潮干狩り 本出した!
福岡市
ふくの湯 早良店
みなと温泉 波葉の湯
涼山泊 ※閉鎖
天然温泉 鷹乃湯
旧Puna Ola(プナオラ)※閉鎖
湯房 滝の湯 ※閉鎖
博多 由布院・武雄温泉 万葉の湯
北九州市
河内天然温泉 あじさいの湯
MOJI PORT 金楽泉
大野城市
家族温泉 華の湯
家族ゆ さくら茶屋 ※閉鎖
太宰府市
都久志の湯
久留米市
みのう山荘
ゆのそ 献上の湯
家族湯 いづみ乃湯
湯の坂久留米温泉
玄竹温泉 鷹取の湯
筑紫野市
家族風呂じゃないよ  二日市温泉 御前湯
筑紫野 天拝の郷
筑紫野温泉Amandi(アマンディ)
古賀市
快生館 山の音(やまのおと)
春日市
ふくの湯 春日店
飯塚市
伊川温泉センター ※閉鎖
こうの湯温泉
天然温泉 筑豊の湯 ※閉鎖
田川市
松原温泉
朝倉市
杷木の風
美奈宜の湯
花農家
ホテルグランスパアベニュー幸楽の湯
ホテル TOP MEGA 伊藤園
花と湯の宿 やぐるま荘
筑後市
家族風呂じゃないよ 船小屋 恋ぼたる
糸島市
二丈温泉 きららの湯
イオン志摩 湯処まねきの湯
まむしの湯
伊都の湯 ※閉鎖
中間市
直方市
野天風呂河童の湯 ※閉鎖
福津市
嘉麻市
豊前市
みやま市
宗像市
宗像王丸・天然温泉 やまつばさ
宮若市
ホテル楠水閣 湯乃禅の里
地蔵の湯
八女市
番外編 Coffee and kitchen Satsuki
星の温泉館きらら
くつろぎの森 グリーンピア八女
べんがら村
柳川市
かんぽの宿 柳川
柳川総合保健福祉センター
水の郷 南風(はえんかぜ)
行橋市
いずみの湯
うきは市
虹の宿 ホテル花景色
ふだん着の温泉 鶴は千年
筑後川温泉 桑之屋
原鶴温泉 感生閣 温泉村
大川市
大川温泉貴肌美人 緑の湯
大川昇開橋温泉
大牟田市
小郡市
満天の湯
浮羽郡
朝倉郡
カルナパーク花立山温泉
遠賀郡
ヒーリングスペース アバ
糟屋郡
若杉の湯
栞の湯→灯りの湯→雫の湯
※そして伝説へ・・・
鞍手郡
田川郡
源じいの森温泉
ほうじょう温泉 ふじ湯の里
日王の湯(ひのうのゆ)
道の駅おおとう桜街道 さくら館
あがの温泉 白糸の湯
筑紫郡
源泉野天風呂 那珂川 清滝
家族風呂 雅
ちくし那珂川温泉 湯あみの郷
築上郡
ひとの港 大平樂
三井郡
三潴郡
京都郡

家族風呂じゃないよ  二日市温泉 御前湯

この家族風呂に対するあなたの評価はいかほどか!
下の☆マークにカーソルを合わせてクリックだ!
う~んまぁいいか普通満足大満足! (1 投票, 平均値/最大値: 2.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

2017.01.25 公開

    
施設名

家族風呂じゃないよ  二日市温泉 御前湯

住所 福岡市筑紫野市二日市湯町2-4-12
TEL 092-928-1126
営業時間

9:00~21:00

定休日

毎月第3水曜
1月1日

料金

大人 250円
子供 130円 (3歳~小学生)
歯内65歳以上 150円 (但し証明書が必要)

風呂

男女別内風呂

泉質 アルカリ性単純温泉 PH8.7
効能 家族円満・恋愛成就
公式サイト
タグ
PR
備考

タオル、バスタオル、ドライヤー、シャンプー、リンス、かみそり等、有料にて有り。

宿泊不可 日帰り可 貸しタオル無し 貸し石鹸シャンプー無し 非かけ流し 露天風呂無し 絶景無 食事不可 駐車場無 ドライヤー無 レジャー施設無 電話予約無 非バリアフリー 非お湯の毎回入れ替え
※部屋によって設備が異なる場合があります。

家族風呂じゃないよ  二日市温泉 御前湯の周辺地図

家族風呂じゃないよ  二日市温泉 御前湯

寒さのせいか、無性に温泉に入りたくなったので、
家族に「温泉行こうぜ!」と誘うも
やる気のない返事が返ってきました。

予定通りです。

しかたがないので家族風呂は諦めて、1人温泉に行くことにしました。

スーパー銭湯ではない温泉がいい!

ということで
福岡の筑紫野市にある二日市温泉に行くことに。

二日市温泉で気になっていたのは

「御前湯」と「博多湯」

結論から言うとこの日は「御前湯」に入りました。

実は以前から気になっていたのですが、

「御前」という言葉を使っているということは、
きっと歴史上の人物にゆかりのあるものに違いない。
いったい誰の御前の温泉なのだ!」
(日本語おかしいか?)

と思っていたのです。

wiki先生に訊いてみたところ

「江戸時代には、筑前藩主黒田氏専用の「御前湯」が置かれ・・・」

とある。

なるほど。黒田氏の御前でござったか。
存じ上げず、失礼つかまつった。

と、言葉尻も変わり、「さぞかし良き湯なのでござろう」などと
妄想していたらお酒も入っていないのにとても楽しくなってきます。(妄想お勧め)

温泉についたら入湯料を支払います。(自動販売機)

江戸時代はどんなんだったのか気になるが知るすべもなし。

それにしてもなかなかの賑わいでござる。

履物を有料下駄箱に入れ(返金されるやつ)、
衣服の棚も10円必要(返金無し)

いざ浴場へ

人、多!

そして湯船は消毒液臭。江戸感ゼロ。

でも傾奇者のような方もいないし、観光客も多そうだ。
老若入り乱れてはいたが、老8若2という割合。温泉には関係ないか。

湯船の中に胡坐を組んで手は合掌、という若者がいたが、
これもある意味傾奇者の類か。

お湯はアルカリ性単純泉。特に「これぞ温泉!」という感じではなかったかな。
銭湯に近い雰囲気でした。

味は・・・さすがに飲む気にはなれませんでした。かたじけない。

とは言え、そこは二日市温泉。

古くは万葉集にも載っている温泉!

なんかいいことがあるさ!






フェイスブックページでは色んな家族風呂施設のホットな情報や
管理人のリアルタイム家族風呂レポート、
家族風呂には何の関係もない記事などを掲載しております。
まぁ「家族風呂のまとめサイト」みたいな感じですかね。
よかったら「いいね」してくださいませ。


コメントを残す

Back to Top